1日目

第三おりいぶ丸

9:35姫路発

姫路港から福田港まで約1時間半の船旅。出発の30分前には港へ。

「第三おりいぶ丸」というフェリーの名前には、早くも小豆島らしさが伺えます。中は広々としたラウンジ風になっていて、ドリンクや軽食も販売しています。

フェリーで移動(約1時間40分)

梅本水産のあなご弁当

11:25福田港着・梅本水産で昼食

所要時間約60分

フェリーを降りてすぐの場所にある梅本水産でお昼ごはんをいただきます。
お店自慢の焼きあなごは絶品!瀬戸内海が育んだ天然あなごをふっくら香ばしく焼き上げてあります。

営業時間 8:00~17:00
定休日 不定休

車で移動(約30分/17.1km)

オリーブ園

13:00オリーブ園

所要時間約60分

小豆島と聞いて真っ先にオリーブを連想する人も多いはず。ここではそんなオリーブを使ったお土産が何でも揃っています。食用はもちろん、化粧品などの加工製品も豊富です。

徒歩で移動(約10分)

オリーブ公園

14:10オリーブ公園

所要時間約60分

オリーブ園に隣接するオリーブ公園では、苗木の販売やハーブクラフト体験も行っています。

そしてなんと、うどん県パスポートが貰えます!そうめんが名産の小豆島ですが、実は列記としたうどん県の一部。主な観光スポットに設置されたスタンプラリーの台紙になっていて、遊び心がgood☆

車で移動(約20分/9.6km)

エンジェルロード

15:30エンジェルロード

所要時間約30分

お時間に余裕のある方はエンジェルロードに立ち寄るのもおすすめです。手を繋いでエンジェルロードを渡ったカップルは願いが叶うと言い伝えられています。

潮の満ち引きにより観られる時間が変わります。

車で移動 各ホテルへ

2日目

ホテルを出発

各ホテルで朝食とチェックアウトを済ませます。

車で移動

なかぶ庵のそうめん作り体験

10:00なかぶ庵でそうめん作り体験

所要時間約1時間30分

オリーブと同じく小豆島の特産品として有名なそうめん。美味しいそうめんが食べられる名店「なかぶ庵」では、食べるだけでなくそうめん作りが体験出来ます。今回はBの試食コースを選択。

A:箸分け体験・工場見学・食事(1,100円 約60分)
B:箸分け体験・工場見学・試食(600円 約50分)
C:工場見学・試食または記念品(300円 約30分)

車で移動(約5分/1.1km)

瀬戸よ志

13:20瀬戸よ志で昼食

所要時間約60分

醤油造りが盛んな小豆島では、その良質な醤油を使った佃煮もまた絶品です。「瀬戸よ志」では様々な種類の佃煮がズラリと並び、お土産にピッタリ。
また、お食事処もあり地元料理が味わえます。今回はひしお丼と小豆島手延べ素麺セットをいただきました。

営業時間 9:00~17:00
定休日 1/1・1/2

車で移動(約5分/1.5km)

マルキン醤油記念館

12:40マルキン醤油記念館

所要時間約60分

明治40年創業のマルキン醤油。ここ「マルキン醤油記念館」では、その長い醤油造りの歴史を垣間見ることが出来ます。
普段の食卓で何気なく使っている醤油が、職人の知恵とこだわりの結晶であることを実感します。

徒歩ですぐ

マルキン醤油記念館

13:40醤の郷

所要時間約40分

マルキン醤油記念館を見学した後は醤の郷を散策。県道沿いには醤油工場や佃煮工場が並び香ばしい香りに包まれています。
その中のひとつ、一徳庵では試食をしながらゆっくりとお土産選びができます。

車で移動(約10分/2.5km)

坂手港

14:30坂手港到着

出発の30分前には港へ

15:15坂手港出港

ちょっとしたお土産売場もあり、待合所もあるのでフェリーが来るまで過ごせます。

フェリーで移動(約190分)

神戸港

18:45神戸港着

神戸港に到着です(平日ダイヤは18:40着)。お疲れさまでした。