エンジェルロード

動画紹介
レポート
エンジェルロード

神秘的なスポット、エンジェルロードとは?

引き潮になると海の中から白い砂浜の道が現れて、弁天島・中余島・小余島・大余島の4つの島を結び、歩いて渡れるようになります。エンジェルロード(天使の散歩道)とはこの砂の道のこと。海の満ち引きで、毎日2回この大自然の不思議な造形美を観ることができます。
※1番遠くの大きい島は無断で立ち入りできません。

干潮になると海から道が現れるこの不思議な現象は「トンボロ現象」と言い、国内で見られる場所は10ケ所程度しかありません。有名なフランスのモンサンミッシェルもこれに当たります。

映画やドラマのロケ地としても度々使われている場所で、小豆島では外せない観光スポットです。

小豆島国際ホテル

エンジェルロードはどこにあるの?

エンジェルロードへは、土庄町(とのしょうちょう)にある小豆島国際ホテルの横から行くことができます。土庄港からは車・バスで10分です。干潮時刻の前後2時間くらいに島がつながります。季節によって干潮の時間が変わるので、事前にチェックしてから行きましょう。

エンジェルロードへ行くなら、宿泊は小豆島国際ホテルが一番近くて便利!全室オーシャンビューの贅沢なホテルです。

満潮と干潮の時間はこちら

手をつなぐカップル

「大切な人と手をつないで渡ると、願いが叶う」

このエンジェルロードを手をつないで渡ったカップルは、天使が舞い降りて願いが叶うというジンクスがあります。そんなパワースポットということもあって、たくさんのカップルが訪れます。早朝や夕方なら人も少なくておすすめです。
ライトアップも行われているので、夜に訪れるとまた違った景色が見られます。

ハート型絵馬

絵馬に願いをこめて

願いを書いた絵馬がたくさんかけられています。願いのハート型絵馬は小豆島国際ホテル、ホタテ貝絵馬は小豆島とのしょう観光協会にて販売されています。

「恋人の聖地」とは?
プロポーズにふさわしいロマンチックなスポットで、全国に100ケ所以上の場所が選定されています。
ホタテ貝絵馬

マジックをお借りして願い事を書いてみましたよ。

エンジェルロード

エンジェルロードを渡ってみよう

絵馬を持って、いざエンジェルロードへ!白い砂浜がとてもロマンチック。エンジェルロードの上では360度瀬戸内海が見渡せます。
砂浜はきれいですが、満潮時には海に沈むので貝が多く、岩場もあるので、スニーカーなど歩きやすい靴を履いていった方がいいですよ。

ホタテ貝絵馬

島に着いたら願い事を絵馬に託し、くくりつけてきましたよ。
「素敵な旅になりますように」

恋人の聖地 約束の丘展望台

恋人の聖地 約束の丘展望台

実は展望台もあるんですよ。この石碑が目印です。ここも「恋人の聖地」になっています。

幸せの鐘

「幸せの鐘」を鳴らそう

階段を上っていくと見晴らしのいい展望台があります。小豆島屈指の撮影スポットなので、ここまで来たならぜひ上りましょう。恋人同士で「幸せの鐘」を鳴らしてみてください。願いが叶うそうです。
そうそう、足元が滑りやすいので気を付けてくださいね。展望台にもたくさんの絵馬がかけられていました。

所要時間は1時間程度あればじゅうぶん。潮が満ちてしまうとも帰れなくなるので、写真撮影に夢中になりすぎないよう注意してください。

エンジェルロード

エンジェルロードは小豆島の観光スポットの中でも一番と言っていいくらい人気のスポット。駐車場やトイレ・売店も完備されているので安心です。ぜひ訪れてみてください。

MAP

基本情報
住所 香川県小豆郡土庄町
時間 満潮と干潮の時間
料金 無料
休業日 なし
駐車場 あり(無料)