GoToトラベル再開時の割引適用について

出発地から探す

  • 東京発
  • 名古屋発
  • 大阪発
  • 福岡発

沖縄の魅力

青い海

蒼い海のリゾート沖縄へ

東京から南西に1,500km、沖縄本島と離島を含め150以上の島からなる沖縄。年間を通して温暖な亜熱帯気候で、いわずと知れた南国リゾート。人気のツアーは、2泊3日の手軽な旅行。ファミリーやグループは3泊4日のゆったりツアーがおすすめです。

心躍る琉球の音色~沖縄三線~

450年続いた琉球王国の文化を色濃く残す沖縄。沖縄の人はそこかしこで響く三線を愛してやまない。三線の音色はどこか懐かしい。

白い砂浜で大切な人と過ごすとっておきの時間

沖縄本島のビーチはリゾートから地元の人が訪れる穴場ビーチまで大小さまざま。サンゴ礁が砕けてできた真っ白なビーチは太陽をキラキラと反射し、透き通ったエメラルドグリーンの海が迎えてくれる。海に囲まれた沖縄はいたるところにビーチがあります。3月下旬から10月頃までが海水浴のシーズンです。ホテルに隣接するビーチは特に人気。宿泊しておもいっきり遊ぼう。

亜熱帯の生態系を守るやんばるの森

沖縄本島の北部はやんばると呼ばれる森林が広がる。ヤンバルクイナやケナガネズミ、テナガコガネなど天然記念物にもなっている固有種が多く生息。やんばるの自然を体験できるエコツアーがおすすめ。那覇市内とは全く違う自然の世界が待っています。これぞ沖縄旅行。

色とりどりの南国フルーツ

年間を通して温暖な沖縄は南国フルーツの宝庫。マンゴーやパッションフルーツ、パイナップル、ドラゴンフルーツなど色とりどりの新鮮なフルーツが年間を通して食べられます。生のままでも、ジュースやお菓子などの加工品もおみやげに人気。人気の観光地にはお土産店があり、あれもこれも欲しくなってしまいます。

今帰仁城

グスク時代から残る遺跡群、世界文化遺産

御嶽と呼ばれる拝所は神が降り立つ聖地として今もなお琉球の信仰の中心にある。グスク時代(12世紀から15世紀ごろ)の権力者である按司が築いたグスクは単なる防御施設ではなく、拝所を伴う神聖な地として存在する。これらの琉球王国のグスク及び関連遺産群として2000年にユネスコの世界文化遺産に登録された。1日ではすべて観光できないので、2泊3日から3泊4日くらい宿泊するのがおすすめ。

絶対やってみたいアクティビティ

シュノーケリング、ダイビング、ホエールウォッチング、マングローブカヤック、シーカヤック、パラセーリング、トレッキング…

沖縄について詳しく見る

ホテルのラインナップ

ホテル

沖縄へのアクセス

沖縄へは飛行機で東京・名古屋・大阪・福岡の4カ所から直行便で行くことができます。

アクセス

詳しいアクセス

沖縄旅行で必要な持ち物

貴重品

沖縄旅行に必要な書類 旅行書類(航空引換証、旅行日程表、ホテルバウチャー等)が手元にあるか必ず確認し、出発時お忘れなくご持参ください。
現金・キャッシュカード・クレジットカード クレジットカードをもっておくと便利です。個人商店などはカードが使えない場合もあるので、多少の現金を持参しておくとベターです。コンビニやATMで引き出せるようにキャッシュカードも持っていきましょう。
運転免許証・ETCカード 沖縄旅行での移動は車が便利です。レンタカーを借りるときは運転免許証が必要になるので、必ず持っていきましょう。ETCカードがあると有料道路がスムーズに利用できます。
健康保険証 旅行中の病気や怪我、事故など万一の場合に備えて必ず持っていきましょう。
携帯電話・スマートフォン 現地の情報検索やキャッシュレス・チケットレスでの手続きが出来て便利なことももちろんですが、緊急連絡手段として必要になります。専用の充電器も忘れずに。
カメラ 沖縄旅行の思い出を形にして残しましょう。スマートフォンでも気軽に撮れますが、GoProのようなアクションカメラを使えばアクティビティでの臨場感あふれる映像が撮影出来ます。

日焼け対策

帽子 沖縄本島での強い日差しから頭部をガードします。耳が出るキャップ型よりも、頭部全体を覆う麦わら帽子やサファリハットがオススメ。サファリハットなら不要な時にコンパクトに折りたためます。
日焼け止め(UVガード) 沖縄旅行では日焼け止め対策が必須です。特に女性や肌の弱い方は万全の対策が不可欠。日焼け止めは現地で購入もできますが、手持ちがあれば持っていきましょう。
サングラス 日差しと紫外線から目を守るのに、UVカット機能のあるサングラスがあると便利です。屋外でのアクティビティではもちろん、レンタカーを運転する際には重宝します。
ラッシュガード 海で一日中遊ぶならラッシュガードはマストアイテムです。紫外線カット仕様で長袖であればベター。町歩きでの羽織りものとしても便利です。
折りたたみ傘 コンパクトで携帯できる折りたたみ傘があると、急な雨の時でも安心です。晴雨兼用だと日傘としても使えるのでオススメです。
ビーチパラソル 直射日光を遮り、日陰でより快適にビーチを楽しめます。ホテルやビーチでレンタルがある場合は是非利用しましょう。

その他

サンダル ビーチで遊ぶときは必須。町歩きでは蒸れずに快適で、急な雨でも濡れた後の心配がありません。
虫よけスプレー、かゆみ止め 南国沖縄は一年中虫よけ対策が欠かせません。現地のコンビニやドラッグストアでも購入できます。
レストラン用の服 レストランによりドレスコードがある場合があります。女性はワンピースとヒール、男性は襟付きのジャケットにスラックスと革靴を用意しておくとよいでしょう。
薄手のカーディガン 夏・冬問わず薄手のカーディガンが1枚あると安心です。沖縄へ行く飛行機内は寒い場合が多く、観光施設内も冷房が効き肌寒いことがあります。
スマホ用防水ケース 防水仕様のスマホでも塩分を含む海水はNG。専用ケースを使えば水中での写真や動画が撮影できます。
自撮り棒 観光スポットやフォトスポットで自撮りや集合写真がスマホで簡単に撮影出来ます。ただし場所により自撮り棒の使用が禁止の場合があるので撮影前に必ず確認しましょう。