古宇利オーシャンタワー

古宇利オーシャンタワー

古宇利オーシャンタワー

那覇空港から車で約1時間40分、沖縄本島北部から全長約2kmの古宇利大橋でつながる古宇利島。その高台にそびえる白亜の塔が古宇利オーシャンタワーです。

古宇利オーシャンタワーのチケット売り場

チケットを購入

駐車場に車を停め、まずはチケットを購入します。現金の場合は券売機、クーポンの引換の場合は窓口でチケットを受取ります。

カートのりば

ん?カートのりばってなんだ?

チケット購入後、順路を進むと「カートのりば」の看板が。カートってなんだろう??

カートのりば

これがカートか!

順路を進んでいくとカートがずらり。楽しそうー!

自動運転のカート

実はこのカート、自動運転です。ブレーキもアクセルもなく、ハンドルはかざり(笑)

カートに乗って上へ

係りの方に案内され、颯爽とカートに乗り込みます。カートの中では古宇利島の歴史や観光情報について音声ガイドが流れています。こちらの音声ガイドは多言語対応、日本語の他に中国語、韓国語、英語があり、チケット購入時に選択できます。

木々の中を走るカート

フクギやソテツ、ハイビスカスなどカラフルな南国の植物と琉球石灰岩に囲まれたカートは、オーシャンタワーに向けぐんぐん上っていきます。

カートから見える古宇利大橋

古宇利ブルーを見渡す絶景カート

何度目かのカーブを超えると、目の前に見たことのないマリンブルーの海が広がりました。すごーい!!きれーい!!!

古宇利大橋

沖縄本島と古宇利島を結ぶ全長約2kmの古宇利大橋。そのまわりは古宇利ブルーと呼ばれるエメラルドグリーンの美しい海。ドライブスポットとして知られる古宇利島は数多くのCMや映画のロケ地として使われています。あの引越し会社とかあの航空会社とか。。。

カートの旅終了

約8分の絶景カートの旅はここで終了。あっという間でした!

古宇利オーシャンタワーの鐘

来園記念証が無料でもらえる

カートを降りるとすぐにプロのカメラマンに撮影してもらいます。ここで撮影した写真は来園記念証として小さなカードになって無料でもらえます。オプションで大きな写真としても購入できるので、旅の思い出に家族写真を購入するのもおすすめです。(天候不良時は撮影できません。)

タワー&シェルミュージアム

タワー&シェルミュージアムへ

撮影スポットを通り過ぎると、いよいよ白亜の建物へやってきます。早速中へ入ってみましょう。

シェルミュージア館内

シェルミュージアム

タワー&シェルミュージアムの1階はシェルミュージアム。1万点以上にもおよぶ世界中の様々な貝を展示しています。

カラフルな貝

こちらのカラフルな貝は色を付けているわけではなく天然の色なんです。他にも映像やパネルで貝の生態を見ながら進みます。

シェルショップ

ミュージアムエリアを過ぎるとシェルショップにやって来ました。ショップでは貝でできた様々な製品が販売されています。ピアスやネックレスなどのアクセサリーはもちろん、キーホルダーや食器、照明器具などありとあらゆるものが並んでいます。

貝のアクセサリー

私が物色しているのはブレスレット。貝のアクセサリーはナチュラルな輝きと軽さが魅力です。

オーシャンタワー1階

オーシャンタワー

シェルミュージアムとシェルショップを抜け、順路を進むとオーシャンタワーの1階に到着しました。オーシャンタワーの1階は古宇利資料館。古宇利島の歴史や文化、おすすめのスポットなどをパネルで紹介しています。

2階屋内展望フロア

2階屋内展望フロア

エレベーターで2階にやってきました。古宇利大橋と古宇利ブルーを窓から見渡せば、それはまるで絵画のよう。すごい。2階のパーラーでがおいしそうなクロワッサンが販売されていました。絶景を眺めながら一息つくのもいいかも。

3階屋内展望フロア

3階屋内展望フロア

3階の展望フロアは大パノラマ。透明度の高い海を双眼鏡で眺めてみたり。そして次の階は、、、

屋上オーシャンデッキ

屋上オーシャンデッキ

ついにオーシャンタワーのてっぺんに到着!何も遮るものがない絶景。そしてこの海の色。めちゃくちゃ感動しました。この日も少し風があったのですが、運よく屋上に上ることができました。天候によっては立ち入りできないこともありますのであしからず。

幸せの鐘

幸せの鐘を鳴らしてみた

オーシャンタワーに来たらあの鐘を鳴らさなければ!幸せになるそうです。ぜひカップルで、家族で鳴らしてみてください。(私はひとりで鳴らしましたが、、、幸せです。笑)

シークワーサージェラートで休憩

YAMBALINO Gelato

オーシャンタワーから降りてくると目の前にジェラート屋さんを発見。のどもかわいたのでシークワーサージェラートを食べながらちょこっと休憩。甘すぎず、すっきりとしたあと味でおいしかったです。他にもぜんざいやかき氷、トロピカルジュースなど充実のラインナップです。

ショップ&ファクトリー入口

ショップ&ファクトリー

ひとしきりジェラートを堪能した後はショッピング。オーシャンタワーの向かいの建物の1階、ショップ&ファクトリーへ。

ショップ&ファクトリー館内

広々としたショップにはお菓子やジュースをはじめとする沖縄名産の食品がずらりと並びます。

島かぼちゃのカボニー

おすすめは古宇利産かぼちゃを使った、島かぼちゃのカボニー。口に入れた瞬間、かぼちゃの自然の甘みが広がります。実はこのお菓子、ここで作られているんです。

ガラス越しに見えるお菓子工場

ショップ&ファクトリーという名前にもある通り、店舗内に併設された工場でお菓子を作っています。私が行ったときはアイランドクッキーを作っているところでした。

トロピカルフルーツのジュース

他にも沖縄ならではのトロピカルフルーツのジュースなどなど、気になる商品がいっぱいあって目移りします。

レストラン Ocean Blue

レストラン Ocean Blue

ロケーションを最大限に堪能するならレストランOcean Blueがおすすめ。見渡す限りの古宇利ブルーの室内、空と海を間近で感じる開放的なテラス、これぞ絶景レストランです。

窯で焼いたナポリビッツァ

窯で焼いたナポリビッツァ

レストラン Ocean Blue のおすすめはこだわりの素材と本格窯で焼いたナポリビッツァ。焼きたてがいただけるビッツァは生地がモチモチしていてとてもおいしい。他にもグリーンカレーやパスタなどランチにぴったりなレストランです。

2階のオーシャンカフェ

オーシャンカフェ

2階のオーシャンカフェにはアジアンリゾートのようなおしゃれソファが並びます。ゆったりとくつろぎながら食事やティータイムを楽しめます。

オーシャンカフェのソファで休憩

古宇利ブルーの圧倒的な絶景

オーシャンタワー、見渡す限りの古宇利ブルーと海の風に癒されるスポットでした。古宇利島の歴史や文化も学べるので古宇利島に行く際はぜひ立ち寄ってみてください。

基本情報

住所 〒905-0406 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538
営業時間 9:00~18:00(最終入園17:30)
定休日 無休
駐車場 200台