栗林公園

公開日:2017.8.9

栗林公園

観光客が多く訪れる、日本最大の文化財庭園

香川県に観光に来た人のほとんどが訪れる栗林公園。回遊式の大名庭園で、人気の観光スポットです。大名庭園とは、江戸時代に各藩の大名が江戸や地元で造った庭園のことです。

栗林公園へは、JR高松駅からバスに乗り「栗林公園前バス停」で下車。

栗林公園入口

こちらは、栗林公園東門の入口です。栗林公園には北門・東門の2か所の入口があります。では、早速中に入ってみましょう。

栗林公園の入園者心得

入園者心得!

栗林公園の景観を守るためにも、入園者心得をしっかり熟読しましょう。ペットや遊具の持ち込みは禁止です。

栗林公園入口

国の特別名勝庭園

栗林公園は、今から300年以上前の状態をそのまま残す庭園として、国の特別名勝に指定されています。その広さはなんと約75ヘクタールで(東京ドーム16個分)、文化財庭園としては国内最大の広さを誇ります。
敷地内には6つの池と13の築山があります。

栗林公園

一歩一景

早速、園内を散策します。一歩一景と言われる栗林公園ですが、少し進むと湖や形の違う一つ一つの松が景観を変え、楽しみながら散策することができます。
松には詳しくないですが、詳しい方にとっては魅力ある松が勢揃いしている状態だそうですよ。

花園亭

ちょっと小腹がすいた時に

少しお腹がすいたので、花園亭で休憩を。花園亭は、はなれで食べる完全予約制の朝粥が人気のお店です。こちらでは、香川名物のあんもち雑煮がおすすめ。

みたらし団子

香ばしい匂いの先には…

美味しそうなみたらし団子が焼かれていました。観光に来たお客さんで少し人だかりができていました。みなさん、みたらし団子が目当てのようです。

芙蓉峰

 

芙蓉峰~ふようほう~

この築山は、梅林橋からみると、富士山の形に似ているとゆう由来から富士の別名である「芙蓉」の名が付けられています。

栗林公園

洗練された園内

深呼吸すると気持ちいいですね。園内には約1,400本の松があり、うち約1,000本が手入れをされている松だそうです。中には、300年以上にわたり、手入れされている松が残っているそうです。

松に詳しいワケではありませんが、手入れされ洗練された園内を見ると、「すごいっ!!」と素人でも素直に感じ取れます。  

偃月橋

偃月橋~えんげつきょう~

栗林公園のパンフレットの表紙にも使われている場所です。園内の中で最も大きな橋で、半月が湖面に影を映す姿から名前の由来がきているそうです。人気の撮影スポットとして多くの観光客の方が撮影されています。
ぜひ、この場所で記念撮影を。

南湖

南湖~なんこ~ and 恋ツツジ

1番の見どころとして、湖を中心にまとまりのある景観が作られ、回遊しながら景色を楽しめるように造られています。南湖に浮かぶ小さな島の一つに杜鵑嶼(とけんしょ)と名付けられた島があります。
※杜鵑嶼とは、サツキの漢名。

長年の刈り込みで偶然、ハート型の形になったそうですよ。カップルの間で人気のスポットになっています。南湖を周遊する和船も人気。

鯉の大群

鯉の大群!!

栗林公園の楽しみ方の一つに錦鯉のエサやりがあります。園内の売店でエサとなる麩を購入できます。湖に投げると…

鯉の大群

大量の錦鯉が口をパクパク開けて群がってきます。小さなお子様は怖がっていました(笑)鯉に麩をあげながら園内を散歩する楽しみ方のご紹介でした。

吹上亭

吹上亭

散策途中に美味しい讃岐うどんはいかがでしょうか。串に刺された炭火焼の味噌団子なども人気です。偃月橋や鯉を見ながらの草だんご、最高です。

栗林公園

ミシュラン3つ星を獲得

栗林公園は、フランスの「ミシュラン・グリーンガイド・ジャパン」という外国人観光客向けの旅行ガイドで「わざわざ旅行する価値がある場所」として最高値の3つ星を獲得しています。

海外の観光客からも注目される栗林公園は、高松市内にありアクセスも便利!小豆島旅行の前後にスケジュールを組んで立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

MAP

基本情報
住所 香川県高松市栗林町1-20-16
時間 1月 7:00~17:00、2月 6:30~18:00
3月 5:30~18:30、4月 5:30~18:30
5月 5:30~18:30、6月 5:30~19:00
7月 5:30~19:00、8月 5:30~19:00
9月 5:30~18:30、10月 6:00~17:30
11月 6:30~17:00、12月 7:00~17:00
料金 大人410円、小学生・中学生170円
未就学児無料
休業日 なし
駐車場 あり(有料)