有川港(上五島)

有川港(上五島)
住所 長崎県南松浦郡新上五島町有川郷
施設 駐車場(無料)、売店、食堂(レストラン)

MAP

  • 有川港レポート

    有川港ターミナル外観

    新上五島町の玄関口、有川港

    五島列島・上五島の玄関口、有川港をご紹介します。
    有川港までは長崎港から高速船で約1時間40分。比較的短い時間で島に渡ることができます。
    平成16年に完成したまだ新しい多目的ターミナルで、イルカとザトウクジラのモニュメントが特徴的です。

    有川港ターミナル館内

    龍馬が合掌している理由とは?

    館内は広々とした清潔感のある空間となっています。
    写真の左奥にある銅像は、坂本龍馬の像です。有川港近くの観光地である「坂本龍馬ゆかりの地」にあるものと同じもので、銅像の手は合掌をしています。

    昔、坂本龍馬が長崎のグラバーから購入した船が、潮合崎(しおやざき)で大暴風雨にあい遭難しました。そして、弟のように可愛がっていた池 内蔵太(いけ くらた)をはじめ、12名の同士が亡くなりました。
    龍馬は寺田屋事件の後、鹿児島で治療中でしたが、慰霊のためにこの地に駆けました。
    そういう理由から、「坂本龍馬ゆかりの地」にある銅像は、船が遭難した潮合崎沖を見つめながら合掌をしているんです。
    「坂本龍馬ゆかりの地」まで行く時間のない方は、ぜひターミナル内でこの銅像をご覧になってください。

    有川港ターミナル館内

    全国でも一番くじらを食べる長崎

    ターミナルの天井には、実物と同じ大きさのクロミンククジラの模型と骨格標本が展示されています。
    大きさはなんと全長9.6m!
    クロミンククジラの平均的な大きさが8.5~9.0mぐらいだそうなので、通常の個体よりも大きなもののようです。
    その昔、五島列島では鯨漁が盛んに行われていました。今でも島内の飲食店では鯨料理を出している所が多いので、鯨をよく目にします。
    有川港ターミナルの周りには、鯨見山(くじらみやま)、海童神社(かいどうじんじゃ)、鯨供養碑(くじらくようひ)など、様々な捕鯨関連の観光スポットがあるので、ぜひご覧ください。

    有川港ターミナルチケットカウンター

    窓口に注意!

    お帰りの乗船券は、ターミナル内のチケットカウンターにてお引替えください。
    航路は佐世保港に向かうルートと長崎港に向かうルートの2種類あるので、カウンターを間違えないようにご注意ください。

    有川港ターミナル外観

    有川港ターミナルには、他にお土産物や軽食を販売する売店や鯨賓館ミュージアムなどもあり、出航時間より早く到着しても退屈しません。
    また、ターミナルから徒歩5分の場所にコンビニもあり、とても便利です。