みちのえきかわうそのさとすさき

道の駅かわうその里すさき

公開日:2021.08.25

レポ-ト
道の駅かわうその里すさきの外観

なぜ「かわうその里」なのか

高知県須崎市の道の駅、かわうその里すさきは新荘川沿いに建っています。ニホンカワウソが最後に確認されたのが高知県の新荘川らしく、新荘川の河口付近に建つことから「かわうその里」だそうです。車でのアクセスがとっても便利な場所で、高知自動車道の高知市内方面からは専用の出口もあります。西の四万十方面から来た場合は須崎西ICを出たら1つ目の信号の手前、インターを出て約5秒の場所にあります。

道の駅かわうその里すさきのお土産コーナー

店内はお土産や食事処が充実

店内に入ると早速、かわうそのお出迎え。キャラクター「しんじょうくん」の前に山積みされたのは「しんじょうくんのミレーサンド」というお菓子。ビスケットでクリームを挟んだお菓子なのですが、気になるのはしんじょうくんの頭。名物の鍋焼きラーメンの帽子をかぶっているのです!

土佐の地酒

土佐の地酒コーナー

店内を奥に進むと土佐の地酒コーナーがあって、お土産に地酒を買うことができます。その種類、何と約100種類。土佐の地酒と言えば「土佐鶴」、その土佐鶴だけでも目に入っただけでも6種類。これはお土産選びに時間がかかりそうです。

道の駅かわうその里すさきの海産物土産

カツオの加工品をお土産に

カツオの角煮や焼きカツオなどの真空パックをお土産として購入できるお店がこちら。
常温で持ち帰れるものもあるので、高知旅行のお土産に地酒と一緒にいかがでしょうか。

多田水産のかつおのわら焼き

店内で本格的な炎、かつおのわら焼き

道の駅かわうその里すさきの1階ではカツオのわら焼きが行われていました。わら焼きされたカツオは冷水で占められて店頭で販売されています。これを購入して2階のレストランで注文した食事と一緒に食べることもできるそうですよ。(2021年7月現在)

かつおのわら焼き体験

かつおのたたき作り体験も

店内で作られているかつおのわら焼きは事前予約で体験することもできます。自分で焼いたカツオは一味違うこと間違いなし!事前予約のみの体験なのでご注意ください。

かつお丼のタレ

さすが高知、かつお丼のタレも販売

かつおのわら焼きをしている横で、かつお丼のタレも販売されていました。作り方も説明があるので、自宅でもかつお丼が楽しめますね。

食事は2階のレストラン「とれた亭」

2階は名物が食べられるレストラン

お土産が並ぶ1階から階段やエレベーターで2階へ上がると、レストランでゆっくりと食事ができるスペース。

2階レストランの店内

レストランとれた亭で昼食

テーブル席や座敷など広い店内で席を選んで着席。注文は店員さんを呼んでの注文スタイルです。

道の駅かわうその里すさきの土佐丼

人気の土佐丼

今回注文した1品目は、土佐丼(1,000円)。先ほど紹介した特製のかつお丼のタレに絡められたかつおの刺身にネギや大場が載った人気の一品。他にはうつぼ丼(920円)も人気だそうです。(メニューと価格は2021年7月現在)

名物鍋焼きラーメン

名物の鍋焼きラーメン

もう1品は名物の鍋焼きラーメン700円。親鳥の鶏がらスープに鶏肉、生卵、ちくわが入ったラーメンは須崎市名物のB級グルメです。因みに、ちりめん丼が付いたセットは1,220円でした。(価格とメニューは2021年7月現在)

名物鍋焼きラーメンに卵がない!?

運ばれてきた鍋に、卵がない!?

沸騰した土鍋が運ばれてきましたが、あれ?写真と違う、卵がない!きっと入れ忘れだと思って店員さんに聞いてみました。すると、「そっと下まで見てみてください」と教えてくれました。少し火が通るように鍋の底に沈められているそうです。

名物鍋焼きラーメン

出たーっ、イメージ通りのトロットロ卵!

店員さんに聞いた通り、なべ底からベストな半熟加減で卵が出てきました。しっかりと鳥の旨味、でもあっさり系のラーメンです。ただ、とりあえず熱い、メチャメチャ熱い!でも旨い。ご飯セット930円にして、麺を食べた後は雑炊で締める方も多いそうですよ。(価格は2021年7月現在)

レストランはセルフレジでお会計

お会計はセルフレジで。

食事が終わったら入口横のセルフレジでお会計。一瞬戸惑いましたが、伝票をかざして現金でお支払い。クレジットカードの方は奥のレジで精算可能です。

MAP

基本情報
交通 土佐新荘駅から徒歩約7分、JR高知駅から車で約40分、高知空港から車で約45分
時間 1F/9:00~18:00、2Fレストラン/11:00~19:00
定休日 なし
駐車場 あり(無料)
住所 高知県須崎市下分甲263-3
TEL 0889-40-0004